HOME>特集>医学部の予備校に入るときに必要な準備とは何か

まずは予備校の違いから

授業

医学部受験をするならば、独学で合格するのは難しいのが現状です。なぜなら、独学では勉強しにくい小論文などがあるからです。また、各大学で傾向がそれぞれ異なり、専門的な知識を得るためにはやはり予備校に通った方が有利な点は否めません。そこで、医学部予備校に通うことで、様々な知識を得ることが可能になるでしょう。ただ準備として、それぞれの違いを認識しておいた方が良いかもしれません。予備校の特徴が様々あるため、それぞれの違いを比べてより自分にとって理想的なところを目指すべきです。特に、あらかじめ志望校が決まっている場合にはその大学に特化した勉強を教えてくれる所はありがたいと言えるでしょう。

入寮することもできる

女性医師

地方から医学部予備校に通いたい場合には、なかなか往復するだけでもかなりの時間がかかってしまうケースがあります。この場合には、寮に入ることもできるでしょう。この寮がどのようになっているかをよく確認することで、生活のしやすさがずいぶんと変わってきます。

お金を確認しておくことも大事

医学部予備校の中には、非常にお金がかかるところもあります。最近は、マンツーマンで行っているところが多いため、そのような傾向にあるのも仕方がないと言えるでしょう。もしマンツーマンを利用したい場合には、どれぐらいの金額になるかを確認しましょう。